top of page

サイバーセキュリティを強化しましょう




最近のセキュリティレポートでは、サイバー攻撃に関する懸念が明らかになり、企業が自衛を強化する必要性が急務であることが示されました。急速な手法の進化や攻撃頻度の増加、サイバー犯罪者の高度化が強調されています。


主な調査結果は以下の通りです:

  1. 攻撃速度の加速:サイバー攻撃が以前にも増して速くなり、平均ブレイクアウト時間が62分に短縮されました(昨年は84分)。

  2. 増加するサイバー犯罪グループ:報告書によれば、新たに34のサイバー犯罪グループが特定され、合計が230を超えました。

  3. 高度な洗練度:サイバー犯罪者は手法を常に進化させ、新記録のブレイクアウト時間が2分7秒に短縮されました。

  4. 人間の要素:人間がサイバー攻撃の主な標的となりつつあり、フィッシングメールやソーシャルエンジニアリングなどの手法が増えています。従業員の教育と意識向上がリスク軽減に重要です。


サイバーセキュリティの強化には、以下の対策が役立ちます:


  1. 従業員教育:サイバー脅威の見分け方や対処法を従業員に定期的に教えます。

  2. パスワードポリシーの強化:強力なパスワード管理を導入し、アカウントのセキュリティを向上させます。

  3. システムの定期的な更新:ソフトウェアやシステムの更新を行い、既知の脆弱性からシステムを保護します。

  4. サイバーセキュリティソフトウェアの導入:リアルタイムで脅威を検知するセキュリティソフトウェアを導入し、攻撃からシステムを守ります。

  5. データのバックアップ:重要なデータを定期的にバックアップし、サイバー攻撃時のデータ損失を予防します。


サイバーセキュリティの領域では、積極的な対策が必要です。従業員教育の優先、堅牢なセキュリティプロトコルの採用、先進的なサイバーセキュリティソリューションの活用により、企業は進化する脅威に対して自己防衛を強化することができます。私たちと連絡を取り、サイバー耐性を向上させ、ビジネスの利益を保護する方法をご提案させていただきます。


Comentarios


bottom of page