top of page

年1回のサイバーセキュリティ・トレーニングではもはや不十分な理由





急速に進化する今日のデジタル環境において、サイバーセキュリティ対策は当たり前の時代になりました。しかし、従来の年1回のサイバーセキュリティトレーニングではもはや不十分であると言わざるを得ません。


これらのセッションは企業の定期的な取組みの一部とはなっていますが、多くの従業員にとっては退屈であまり関心が高いものではありません。単にスライドをクリックしたり、ビデオを早送りで視聴したりするだけでは、真の意味での行動変容やセキュリティ意識の向上にはつながりません。

さらに、このアプローチは相互作用がなく、従業員と個人的につながることができないため、真の警戒文化を育むよりも、コンプライアンスを重視したものになってしまいます。

 

もっと効果的な方法があります。サイバーセキュリティトレーニングをドライバーに速度の確認を促す道路標識のように、継続的で小さな注意喚起と考えてみてください。このような継続的な注意喚起によって、従業員は危険なオンライン行動を取る前にもう一度考えるようになり、サイバー習慣が徐々に改善されていきます。

定期的で管理しやすいアップデートとリアルタイムのアドバイスを取り入れることで、従業員が情報で圧倒されることなく、より良い意思決定を促すことができます。


ジェネレーティブAIや様々なサードパーティツールのような高度なテクノロジーを扱う中で、これらのツールを安全に扱うための知識を従業員に身につけさせることは極めて重要です。リアルタイムのコーチングや定期的なポリシーの更新は、データ保護の重要性を強調するのに役立ちます。

年1回のトレーニングにも役割はありますが、効果的なサイバーセキュリティ教育には積極的かつ継続的なアプローチが不可欠です。


サイバーセキュリティトレーニングのアップグレードに関心がありますか?ぜひ、弊社にお問い合わせください。

Comments


bottom of page